二胡とは
 
 
二胡について
二胡(にこ/erhu)とは、中国の伝統的な擦弦楽器の名称です。
正式名称は胡琴といいます。

前15世紀胡の国(現在のイラン、またインドという説もある)で発祥した擦弦楽器が、西行してアラビア経由でヨーロッパに入り近代ヴァイオリンの祖となり、東行したものは中国に入り胡琴と称されます。
(日本の伝統的な擦弦楽器「胡弓」は奏法や形態などから全く別の楽器であることが分かります。)

二胡の特徴は2本の弦の間に弓を挟んで演奏すること、また指板がないこと(弦が指板から完全に浮いている)です。
指板がないことでヴァイオリンより微妙で深いビブラートを掛けることができ、人間の声に最も近い楽器といわれます。

材質は紫檀、黒檀、紅木などから出来ており、棹の根元には六角形や八角形の共鳴胴があります。
共鳴胴にはニシキヘビの皮が張ってあり、弦の振動がこの共鳴胴に響くことでやわらかい独特の音色を醸し出します。

民族楽器として古い歴史を持ってはいますが、現在に至るまでに楽器、奏法ともに多くの改良が重ねられ、現在では中国音楽のみならずポピュラー、クラシックなど幅広いジャンルの曲が演奏されるようになりました。
その可能性は現在も広がっています。
 
 
 
Get Adobe Flash Player
 ※最新のFlash Playerをダウンロードしてください。 FLASH / HTML  /   RSS
※Windows 95/98/Me/NTをご利用の方はHTML版のページをご覧ください。